麻雀研究 > 点数計算 > 七対子の点数と50符の点数

七対子の点数と50符の点数

当サイトで解説する点数計算は七対子と50符で最後となります。登場頻度としては2.5%とあまり高くはありませんがぜひ覚えて欲しいところです。

七対子は25符

七対子の点数は牌の構成などに左右されず、25符で固定されています。この25符という点数は七対子専用の点数と思って問題ありません。

子の点数

1飜 2飜 3飜 4飜 5飜
20符
平和ツモ
なし 1,300
(400/700)
2,600
(700/1300)
5,200
(1,300/2,600)
満貫
25符
七対子
なし 1,600
(-)
3,200
(800/1,600)
6,400
(1,600/3,200)
満貫
30符 1,000 2,000 3,900 7,700 満貫
40符 1,300 2,600 5,200 満貫 満貫

親の点数

1飜 2飜 3飜 4飜 5飜
20符 なし 2,000
(700all)
3,900
(1,300all)
7,700
(2,600all)
満貫
25符
七対子
なし 2,400
(-)
4,800
(1,600all)
9,600
(3,200all)
満貫
30符 1,500 2,900 5,800 11,600 満貫
40符 2,000 3,900 7,700 満貫 満貫

七対子が2飜の役なので1飜のあがりはありえません。点数も倍で丸まっているので覚えやすいと思います。

七対子では必ず25符の点数になるので符計算をしなくてもよく、ある意味計算が楽かもしれません。

50符の点数計算

50符の点数は七対子(25符)の応用が効くので、一緒に解説します。登場頻度は2.7%なので、100回中2~3回登場する程度です。

代表的な50符のあがり例を見てみましょう。

例)三索三索 四萬五萬六萬 二筒三筒四筒 六筒七筒 牌七索七索牌 ロン七筒

基本符20符+門前ロン10符+七索暗槓16符=46符→50符

50符に届きやすいパターンとしては、暗槓した場合や暗刻を持っている場合などに40符では収まらず50符以上になるケースがあります。

子の点数

1飜 2飜 3飜 4飜 5飜
20符
平和ツモ
なし 1,300
(400/700)
2,600
(700/1,300)
5,200
(1,300/2,600)
満貫
25符
七対子
なし 1,600
(-)
3,200
(800/1,600)
6400
(1,600/3,200)
満貫
30符 1,000 2,000 3,900 7,700 満貫
40符 1,300 2,600 5,200 満貫 満貫
50符 1,600 3,200 6,400 満貫 満貫

親の点数

1飜 2飜 3飜 4飜 5飜
20符
平和ツモ
なし 2,000
(700all)
3,900
(1,300all)
7,700
(2,600all)
満貫
25符
七対子
なし 2,400
(-)
4,800
(1,600all)
9,600
(3,200all)
満貫
30符 1,500 2,900 5,000 11,600 満貫
40符 2,000 3,900 7,700 満貫 満貫
50符 2,400 4,800 9,600 満貫 満貫

登場する数字は七対子の25符と1ずつずれています。七対子の点数とあわせて覚えましょう。

ちなみに、すでに気付いた方もいるかと思いますが、20符と40符では登場する点数が同じです。同様に、30符と60符、40符と80符、50符と100符が対応しています。

ただ、60符以上が登場するのはまれなので、無理に覚えたり、計算するよりも早見表を見たほうが早いです。

サブメニュー

リンク