麻雀研究 > 点数計算 > 30符の点数

30符の点数

まずは30符の点数から解説します。

30符になる場合

すべてのあがりの約6割は30符になるので、ここを覚えれば約半数覚えたことになります。といっても30符だけ覚えればOKという訳ではありませんが。

まず、30符の前に逆に40符になる場合を見てみましょう。

【確定条件】門前でロンをした場合(+10符以上が付く)

【可能性高い】カンをした場合(+8符以上が付く)

【可能性高い】1.9.字牌を暗刻で持っている(+8符以上が付く)

これらの条件を満たすと40符以上に符が上がっていく可能性があります。逆にこの条件に合わない場合は、だいたい30符と思っても大丈夫です。もちろんレアケースに遭遇する場合もありますが、あくまで目安として覚えて置いてください。

30符になる牌の構成

牌の構成に付く符をもう一度見てみましょう。

牌の構成

よくある30符のあがり例です。

三索三索 四萬五萬六萬 二筒三筒四筒 六筒七筒 ツモ七筒 七索七索七索(ポン)

基本符20符+七索七索七索(ポン)2符+嵌張(カンチャン)待ち2符+ツモ2符

=合計26符→切り上げ30符

どんなあがりでも基本付の20符は必ず付くので、そこに何かしらの符が付けば必ず30符にはなります。

また、ポンやチーをすると「門前ロンの10符」の条件から外れるので、40符に届く可能性が低くなります。つまり、1回でもポンやチーをするとほとんど30符となってしまいます。

あがりの約6割は30符なので、何も考えずに打つとだいたい30符なので、別に毎回毎回符の計算はしなくても大丈夫です。40符以上になりそうな可能性があればその段階で計算してみてください。

30符の点数早見表(子の場合)

何度か登場しましたが、改めて30符の得点表を見てみましょう。

子の点数 1飜 2飜 3飜 4飜 5飜
30符 ロン 1,000 2,000 3,900 7,700 満貫
8,000
ツモ 300/500
(1,100)
500/1,000
(2,000)
1,000/2,000
(4,000)
2,000/3,900
(7,900)
2,000/4,000
(8,000)

子の場合は、セン、ニセン、ザンク、チッチーと覚えましょう。

なお、4飜の7,700点を切り上げ満貫にするルールもあるので注意してください。

30符の点数早見表(親の場合)

親の点数 1飜 2飜 3飜 4飜 5飜
30符 ロン 1,500 2,900 5,800 11,600 満貫
12,000
ツモ 500all
(1,500)
1,000all
(3,000)
2,000all
(6,000)
3,900all
(11,700)
4,000all
(12,000)

親の場合は、イチゴ、ニック、ゴッパ、ピンピンロクと覚えましょう。

ちなみに親の点数は、ツモった場合「500オール」のように「○○オール」といいます。「ツモ1,500です」と言わないようにしてください。

30符を下回るケース

基本符が20符なので、22符以上ならば切り上げで30符になるのですが、例外的に30符を下回ってしまう場合があります。

30符を下回るケースは以下の2つです。

  • 七対子(チートイツ)であがった場合 → 25符で計算
  • 平和(ピンフ)をツモした場合 → 20符で計算

この場合のみ30符を下回ります。これは後程詳しく解説しますので、ここでは30符を下回る場合があるということだけ頭の隅に入れておいてください。

サブメニュー

リンク