麻雀研究 > 点数計算 > 符計算の構成

符計算の構成

同じ役でもあがりの形や難易度で点数が異なると何度か解説していますが、実際のあがり例を参考にして見てみましょう。

タンヤオの例

例1)三索三索 四萬五萬六萬 二筒三筒四筒 六筒七筒 ツモ七筒 七索七索七索(ポン)

例2)三索三索 四萬五萬六萬 二筒三筒四筒 六筒七筒 七索七索七索 ロン七筒

どちらも同じような形のタンヤオなのですが、実は点数が違います。

例1は30符1飜で子だと1,000点のあがりになります。

例2は40符1飜で子だと1,300点のあがりになります。

このように同じ役で似たような形でも点数が微妙に異なります。ここでは、同じ役でも点数が異なる場合があることだけ覚えてください。

符を決める要素

牌の構成

符を数え方は3つのパートで構成されています。どんなアガリでも最低20符はつくので、後は何符積み上げられるか、という話になってきます。

順番に解説していきますが「基本的には難しい方が符が高くなる」というのが原則です。

サブメニュー

リンク