麻雀研究 > 点数計算 > ツモとロンの点数差

ツモとロンの点数差

ツモとロンでは点数のやり取りが違う、というのをルールと基本/簡単な点数計算で解説しましたが、大事な部分なので一度復習してみましょう。

点数のやりとり

麻雀のアガリ方は「ツモ」と「ロン」の2種類が存在し、それぞれ支払う点数が異なります。

親がアガった場合

親のツモ

親のツモの場合はシンプルにみんなで3等分します。例えば、親が12,000点アガったら1人4,000点ずつ支払うことになります。

親のロン

親のロンの場合は振り込んだ人(当たり牌を捨てた人)が1人で全ての点数を支払ます。例えば、親が12,000点アガったら振り込んだ人は1人で12,000点支払わなければなりません。親にロンされると高い点数を1人で負担しなければならないため、なるべく親には振り込まないようにしたいところです。

子がアガった場合

子のツモ

子がツモった場合は半分を親が支払い、残りを2人の子で二等分します。例えば、8,000点アガった場合、親が4,000点支払い、2人の子がそれぞれ2,000点ずつ支払い、合計で8,000点になります。

子のロン

子のロンの場合は親のロンと同様に、振り込んだ人(当たり牌を捨てた人)が1人で全ての点数を支払ます。例えば、8,000点アガったら振り込んだ人は1人で8,000点支払います。

端数が出る場合

子が満貫の8,000点ツモアガりした場合は子2,000点/親4,000点ときれいに割り切れます。

もし子が3飜の3,900点アガった場合はどうなるでしょうか。ルールに当てはめると、子975点/親1,950点と中途半端になってしまいます。しかし、麻雀には10点単位はありません。そこで、切り上げていいというルールになっています。

子の3,900点ツモの場合、子1,000点/親2,000点の支払いになります。

そうなると実際にもらえる点数は1,000×2+2,000=4,000点になり、実際には4,000点もらえる計算になります。

ロンの場合はもちろん3,900点の支払いですが、ツモの場合は「端数切り上げ」の関係で100点多くもらうことができます。

同様に、子の7,700点、親の2,900点、5,800点、11,600点も端数切り上げの対象になり、ロンよりもツモのほうが数百点単位で点数を多くもらうことができます。

サブメニュー

リンク