麻雀研究 > 点数計算 > 点数計算の方法と覚え方

点数計算の方法と覚え方

これまでは「役」と割り当てられた「飜」について説明をしましたが、ここからは1飜が何点で、2飜になると何点なのかという部分を具体的に見ていきましょう。

簡単な点数計算表2(30符)

子の場合 飜数 親の場合
1,000点 1飜 1,500点
2,000点 2飜 2,900点
3,900点 3飜 5,800点
7,700点 4飜 11,600点
8,000点 5飜 満貫(マンガン) 12,000点
12,000点 6,7飜 跳満(ハネマン) 18,000点
16,000点 8,9,10飜 倍満(バイマン) 24,000点
24,000点 11,12飜 三倍満(サンバイマン) 26,000点
32,000点 13飜以上 役満(ヤクマン) 48,000点

何回かお見せした簡単な点数計算表をちょっと改良したものです。飜数が1つあがるごとに点数が、倍々になっています。

役を重ねて1飜あがるごとに点数が倍になっていく。これが大原則です。

3飜が3,900点で4飜が7,700点と中途半端ですが、説明すると長くなるので、こういうものなんだと覚えてください。はじめのうちはざっくり、4,000点、8,000点とおぼえてしまっても問題ないです。

切り上げ満貫

4飜の点数は子7,700点、親11,600点と満貫の8,000点/12,000点とほぼ変わりません。

だったら切り上げて満貫でいいんじゃない?

というのが切り上げ満貫で、採用しているかどうかはルールによります。切り上げ満貫で4飜=8,000点としているケースもあれば、厳密に7,700点で計算している場合もあります。

フリー雀荘などでは点棒の受け渡しがあるので、点数の支払いを簡略化しスムーズに行うため切り上げ満貫を採用している場合がほとんどで、約9割以上は切り上げ満貫を採用しています。

一方、点数が自動で計算されるネット麻雀では厳密に計算しているケースが多くなっています。

覚え方

子の場合は、

セン(1000)ニセン(2000)ザンク(3900)チッチー/ナナナナ(7700)

親の場合は、

イチゴ(1500)ニック(2900)ゴッパ(5800)ピンピンロク(11600)

とリズミカルに覚えましょう。

サブメニュー

リンク