麻雀研究 > 点数計算 > 食い下がり

食い下がり

麻雀役の中には食い下がりといい、ポンやチーをすると飜数が下がる役があります。

食うというのはポン、チー、ミンカンをすることを指します。「食う」と「鳴く」は同じ意味です。門前ではない状態を「鳴く」や「喰う」「晒す」と言います。

食い下がりする役

前項で解説した三色同順が食い下がりする役の1つです。

第10位 三色同順(サンショク) 2飜→1飜

西西 二萬三萬四萬 二筒三筒四筒 二索三索四索 六索七索八索

萬子、筒子、索子の3種類の数牌で、同じ数字の組み合わせのシュンツを3組そろえる役。

鳴いた例

西西 二萬三萬四萬 二筒三筒四筒 二索三索四索 六索七索八索 

門前状態(鳴いていない状態)では2飜ですが、チーをしているので1飜下がり1飜の役になります。

第7位 混一色(ホンイーソー/ホンイツ) 3飜→2飜

東東 二萬三萬四萬 五萬六萬七萬 九萬九萬九萬 中中中

1種類の数牌と字牌のみで成立する役。食っても役は成立するが食い下がりするため2飜になる。

鳴いた例

東東 二萬三萬四萬 五萬六萬七萬九萬九萬九萬 中中中

門前では3飜ですが鳴くと食い下がりして2飜になります。

食い下がりしない役

すべての役が食い下がりするわけではなく、鳴いても飜数が変わらない役もあります。代表例がタンヤオや役牌です。

第3位 断ヤオ(タンヤオ) 1飜

二筒二筒 二萬三萬四萬 八筒八筒八筒 二索三索四索 七索六索八索

数牌の1・9牌(老頭牌)と字牌を使わず、2~8までの数牌(中張牌)だけで構成する役。

タンヤオは門前でも鳴いても飜数は変わらず1飜固定です。

門前限定の役

麻雀役の中には、鳴くとそもそも役として成立しないものもあります。代表例がリーチ、平和(ピンフ)や一盃口(イーペーコー)などです。

第4位 平和(ピンフ) 1飜 19.9%

二筒二筒 二萬三萬四萬 七筒八筒九筒 二索三索四索 六索七索八索

アタマと4組のメンツでシュンツをそろえる役で、待ち方が必ず両面待ちでなければならない。また、チーをすることなく門前でテンパイすることが条件。

平和はすべて門前でテンパイすることが条件となる役です。その為、鳴いてシュンツを揃えても役として成立しません。

まとめ

麻雀役には食い下がりする役、食い下がりしない役、門前限定の役と3種類あります。それぞれどの役がどれに該当するのかを覚えてアガリを目指しましょう。前項で紹介した12の役を分類しましたので、参考程度にご覧ください。

食い下がりする役 混一色 三色同順 一気通貫
食い下がりしない役 役牌 タンヤオ 対々和 
門前限定の役 リーチ 平和 門前自摸 一発 一盃口 七対子

サブメニュー

リンク