麻雀研究 > 点数計算 > 点数計算の基本

点数計算の基本

ここから本格的に点数計算のやり方についてを解説します。

点数計算の基本

麻雀ではアガった人が点数をもらうことができます。1局のなかで最初にアガった人が得点をもらうことができます。

麻雀では「飜(ファン/ハン)」と呼ばれる単位を使い点数をやり取りします。

ちなみに「飜」と「翻」の2つの漢字が用いられますがどちらも意味は同じです。当サイトでは旧字体の「飜」で解説します。

役の複合

麻雀ではあがり役を複合させることができます。

八索八索 二萬三萬四萬 六萬七萬八萬 三筒四筒五筒 二索三索四索

上図の例だと平和(ピンフ)とタンヤオという2つの役が複合します。この際の点数は以下のとおりです。

平和(ピンフ)1飜 + タンヤオ 1飜 = 2飜

2つの役が複合し点数は2飜となりました。ざっくり言うと、子だと2,000点、親だと3,000点もらうことができます。(ロンの場合の点数、ツモだと20符になるので点数が異なります。詳しくは符計算で解説します)

続いて別の例を見てみましょう。

七筒七筒 二萬三萬四萬 二筒三筒四筒 二索三索四索 六索七索八索 

役は平和(ピンフ)、タンヤオ、三色同順で具体的な点数は、

平和(ピンフ)1飜 + タンヤオ 1飜 + 三色同順 2飜 = 4飜

今回は三色同順がついて合計で4飜となりました。ざっくりした点数だと、子は8,000点、親は12,000点もらえます。

先ほどと比べても大分点数が上がったことに気付きましたか?

麻雀ではこのように役を複合させ高得点を作る事ができます。

サブメニュー

リンク