麻雀研究 > 点数計算 > 点数計算の初歩

点数計算の初歩

ここからは点数計算について解説します。入門編では大まかな点数がわかるレベルを目標とします。

以前、麻雀のルールと基本で簡単に点数計算に少し触れましたが、一度ここで復習します。

簡単な点数計算表(30符)

子の場合 飜数 親の場合
1,000点 1飜(ヒトハン) 1,500点
2,000点 2飜(フタハン) 2,900点
3,900点 3飜(サンハン) 5,800点
8,000点 4,5飜 満貫(マンガン) 12,000点
12,000点 6,7飜 跳満(ハネマン) 18,000点
16,000点 8,9,10飜 倍満(バイマン) 24,000点
24,000点 11,12飜 三倍満(サンバイマン) 26,000点
32,000点 13飜以上 役満(ヤクマン) 48,000点

ポイントは「親」は「子」の1.5倍の点数をもらえることです。

点数のやりとり

麻雀のアガリ方は「ツモ」と「ロン」の2種類が存在し、それぞれ支払う点数が異なります。

親がアガった場合

親のツモ

親のツモの場合はシンプルにみんなで3等分します。例えば、親が12,000点アガったら1人4,000点ずつ支払うことになります。

親のロン

親のロンの場合は振り込んだ人(当たり牌を捨てた人)が1人で全ての点数を支払ます。例えば、親が12,000点アガったら振り込んだ人は1人で12,000点支払わなければなりません。親にロンされると高い点数を1人で負担しなければならないため、なるべく親には振り込まないようにしたいところです。

子がアガった場合

子のツモ

子がツモった場合は半分を親が支払い、残りを2人の子で二等分します。例えば、8,000点アガった場合、親が4,000点支払い、2人の子がそれぞれ2,000点ずつ支払い、合計で8,000点になります。

子のロン

子のロンの場合は親のロンと同様に、振り込んだ人(当たり牌を捨てた人)が1人で全ての点数を支払ます。例えば、8,000点アガったら振り込んだ人は1人で8,000点支払います。

親のメリットとデメリット

親は無条件に子の1.5倍の点数をもらうことができます。そのため、得点を稼ぐチャンスとなるので、ぜひともアガりたいものです。

しかし、親は自分がアガった時に高い点数をもらえる分、子がツモあがりした時に多く点数を払わなければなりません。

まとめ

まずは点数計算表を参考に、ざっくりと何点くらいもらえるか覚えましょう。点数計算は符計算と呼ばれる細かい計算がありますが、現段階では大体どのぐらいもらえるかが分かれば大丈夫です。初めのうちは点数計算表などを見ながらトライしてみましょう。

サブメニュー

リンク