麻雀研究 > 麻雀のルールと基本 > 平和(ピンフ)

平和(ピンフ)

麻雀の基本役で出現頻度も高い平和(ピンフ)について解説します。

平和の和了例

二筒二筒 二萬三萬四萬 七筒八筒九筒 二索三索四索 六索七索八索(平和=1飜)

平和は「3枚1組のグループが4つ+2枚1組の雀頭」という麻雀の基本型です。

平和になるための条件は「3枚1組のグループが全て順子(連続した数字)でないといけない」という条件があり、刻子(同じ牌3枚)が混じってはいけません。

平和になる条件

条件1:全てのグループが順子でなければならない

面子(メンツ)全てが順子(連続した数字)でなければなりません。

条件2:チーをしてはならない

順子でもチーをしてはいけません。平和では門前でなくてはなりません。

条件3:雀頭には役牌を使ってはいけない

平和の雀頭に三元牌や、場風牌、自風牌を使ってはいけません。

条件4:リャンメン待ちでなければならない

テンパイをして当たり牌を待つ際に、リャンメン待ちでなければなりません。

まとめ

条件が多い平和ですが確率の問題からかなり登場頻度が高い役なので、絶対に覚えておきたい役です。

平和はよくタンヤオなどの他の役とも複合します。

サブメニュー

リンク