麻雀研究 > 麻雀のルールと基本 > ドラ

ドラ

今回は「ドラ」について解説します。

アガると1飜がつく

ドラはアガった時に「ドラ牌」を持っているだけで1飜つきます

ただし、ドラのみで役はつかないので、あくまでボーナス点のようなものとして考えてください。ドラは毎回(毎局)変わるので、牌が配られたらドラが何かを確認するクセをつけましょう。

何がドラなのか

ドラ表示牌といって何がドラなのかを示す牌が雀卓上に置かれており、ドラ表示牌の次の牌がドラになります。

例えばドラ表示牌が一筒だった場合ドラは二筒になります。九萬の場合は一巡して一萬になります。

字牌は東南西北東のようにサイクルしています。ドラ表示牌が東ならドラは南になります。

三元牌も同様に白発中白とサイクルしており、ドラ表示牌が発だった場合はドラは中になります。

裏ドラ

リーチをすると通常のドラとは別に裏ドラというものを見ることができます。ドラ表示牌の裏側にある牌が裏ドラの表示牌で、リーチをかけてアガると見ることができます。

裏ドラの表示牌が四索だった場合、裏ドラは五索になります。

赤ドラ

近年、赤ドラと言って赤五萬赤五筒赤五索が混じったゲームも増えています。これもドラと同じ扱いで持っているだけで1飜の扱いになります。通常、ドラは毎回ランダムに変わりますが、赤ドラだけは五萬、五筒、五索に固定されているため「固定ドラ」と考えることができます。

また、赤ドラが何枚入っているかはルールによって異なります。

サブメニュー

リンク