麻雀研究 > 麻雀のルールと基本 > リーチ後のフリテン

リーチ後のフリテン

第一のフリテン「フリテン」、第二のフリテン「同順フリテン」ときて、最後に第三のフリテン「リーチ後のフリテン」を解説します。3つも覚えるのは大変ですが、全て第一のフリテンの応用です。

リーチ後に発生するフリテン

第三のフリテンである「リーチ後のフリテン」は割と簡単で、リーチしたら誰かが捨てた当たり牌を一度でも見逃してしまうと、ロンあがりできなくなるというルールです。

また、リーチ後のフリテンは同順フリテンとは異なり、一巡したとしてもアガることはできません。

万が一、リーチをかけて当たり牌を見逃してしまうとツモあがりするしかなくなります。

フリテンのまとめ

第一のフリテン「フリテン」

自分の捨てた牌と、自分の捨てた牌を含む全ての待ちでロンあがりできない。

第二のフリテン「同順フリテン」

1周するまでに当たり牌を見逃すと、自分の順番が来るまでアガれない。

第三のフリテン「リーチ後のフリテン」

リーチ後に当たり牌を見逃すとロンできなくなる。

サブメニュー

リンク