麻雀研究 > 麻雀のルールと基本 > ゲームの流れ

ゲームの流れ

今回は麻雀のゲームの流れを解説します。

半荘戦(ハンチャンセン)と東風戦(トンプウセン)

麻雀は半荘(ハンチャン)もしくは東風(トンプウ)という単位でプレイされます。

半荘は大きく分けて東場(トンバ)南場(ナンバ)で構成されています。わかりやすく言うと、前半と後半と言った感じになります。

東場と南場はそれぞれ4回の局(キョク)という単位で争われます。

半荘戦の流れ

東場
東一局(トンイッキョク)/東発(トンパツ)
東二局(トンニキョク)
東三局(トンサンキョク)
東四局(トンヨンキョク)/東ラス
南場
南一局(ナンイッキョク)
南二局(ナンニキョク)
南三局(ナンサンキョク)/ラス前
南四局(ナンヨンキョク)/オーラス

半荘戦全体を見るとこのような流れになります。

最終の南四局のことをオーラスと呼びます。また、東一局を東発、東四局を東ラス、オーラス直前の南三局をラス前と呼ぶことがあります。

局は、子がアガるか親が連荘条件を満たしていない場合、流局になり次の局へと流れていきます。

親がアガるか、親が連荘条件を満たしている場合は、次の局へと進まずに一本場、二本場、三本場・・・というように同じ局が再び続きます。例えば、東一局で親がアガった場合、東二局に進まずに、東一局一本場となります。

東風戦

続いて東風戦を見てみましょう。東風戦は半荘戦の東場のみを行う試合単位です。

東場
東一局(トンイッキョク)/東発
東二局(トンニキョク)
東三局(トンサンキョク)/ラス前
東四局(トンヨンキョク)/オーラス

東場のみしか行わないため単純に半荘戦の半分ぐらいの時間で試合を終わらせることができます。最近は短時間で決着がつけられることからネット麻雀などでメジャーになってきました。

サブメニュー

リンク