麻雀研究 > 麻雀のルールと基本 > アガリ方は2種類ある

アガリ方は2種類ある

アガリ方には「ツモ」と「ロン」の2種類あります。もし誰もアガることが出来なければ「流局」になります。

ツモ

自分で牌山からツモってきて、そのツモした牌でアガることを「ツモアガリ」と呼びます。得点はツモアガリしたプレイヤー以外の3人で分けて支払います。

  1. 待っていたあがり牌をツモる。
  2. 「ツモ」と声を出す。
  3. ツモったアガリ牌を自分の手牌から離して置き、手牌を倒して他の3人のプレイヤーに見せる。

ロン

他のプレイヤーが捨てた牌でアガることを「ロンアガリ」と呼びます。
得点はアガリ牌を捨てた人が1人で支払います。

  1. 他のプレイヤーが自分のアガリ牌を捨てる。
  2. 「ロン」と声を出す。
  3. 手牌を倒して他の3人のプレイヤーに見せる。

流局

牌山に牌を14枚残して、誰もアガることが出来ない時は「流局」と言って、その局が終了します。流局をした際、親がテンパイしていない場合は次のプレイヤーに親が移ります。

ツモとロンのまとめ

  アガリ方 点数
ツモ 自分でツモってきてアガる 他のプレイヤー(3人)で分けて支払う
ロン 他人の捨てた牌でアガる アガリ牌を捨てた人が1人で支払う

ロンされた場合は1人で点数をすべて支払わなければならないため、なるべくロンされないように注意する必要があります。

ここまでが麻雀の基本的なルールになります。繰り返し読むことによって麻雀のルールが身につくと思います。それでは、長文にお付き合いいただきありがとうございました。

麻雀のルールだけでは解説しきれなかった基礎の部分は基本編で解説しているのでぜひこちらもご覧ください。

サブメニュー

リンク