麻雀研究 > 麻雀のルールと基本 > カン

カン

カンとは同じ図柄の牌を4枚揃え、同じ図柄の牌3枚と同様に1つの面子(メンツ)として扱うものです。

カンをするための条件

同じ図柄の牌が4枚揃うことを槓子(カンツ)と呼びます。カンツを確定するために行うのがカンです。面子は基本的に3枚で1組ですが、同じ図柄の牌4枚を1つの面子として使用できます。また、カンには3つの種類があります。

暗槓(アンカン)

手牌の中に同じ図柄の牌が4枚ありこれをカンツにすることです。なお、ほかのプレイヤーの牌を使わないので食ったことになりません。

大明槓(ダイミンカン)

手牌の中に同じ図柄の牌が3枚(コーツ)があり、ほかのプレイヤーの捨て牌を使ってつくるものです。

小明槓(ショウミンカン)・加槓(カカン)

自分がポンをした牌と同じ牌をツモった際、ポンしたコーツをカンツにすることです。

暗槓(アンカン)の手順

  1. 手牌の中に同じ図柄の牌が4枚そろったら「カン」と声を出す。
  2. カンをしたい4枚の牌を他のプレイヤーに見せる。
  3. リンシャン牌をツモっていらない牌を捨てる。
  4. 牌の真ん中2つを裏にして右端に置く。

暗槓した場合の牌の置き方

一索牌牌一索

真ん中の2つの牌を裏向きにして右端に置く。

大明槓(ダイミンカン)の手順

  1. 自分のほしい牌を他のプレイヤーが捨てたら「カン」と声を出す。
  2. カンをしたい3枚の牌(コーツ)を他のプレイヤーに見せる。
  3. カンした牌を自分のところに持ってきて、卓上の右端に図柄の面を上にして置く。
  4. リンシャン牌をツモって、いらない牌を捨てる。

左隣(上家)のプレイヤーから大明槓した場合の置き方

発発発発

一番左の牌を横にして置く。

向かい(対面)のプレイヤーから大明槓した場合の置き方

発発発発

発発発発

真ん中の牌のどちらかを横にして置く。

右隣(下家)のプレイヤーから大明槓した場合の置き方

発発発発

一番右の牌を横にして置く。

加槓(小明槓)の手順

  1. すでに自分がポンをしている牌の4枚目をツモったら「カン」と声を出す。
  2. ポンをしてある牌の横に倒した牌の上にカンをした牌を置く。
  3. リンシャン牌をツモって、いらない牌を捨てる。

左隣(上家)のプレイヤーから加槓した場合の置き方

加槓

一番左の牌を横に重ねて置く。

向かい(対面)のプレイヤーから加槓した場合の置き方

加槓

真ん中の牌の重ねて横にして置く。

右隣(下家)のプレイヤーから加槓した場合の置き方

加槓

一番右の牌を横に重ねて置く。

カンをした後

カンをしたプレイヤーは手牌が1枚足りないのでリンシャン牌をツモって、いらない牌を捨てる必要があります。なお、ツモの順番はカンをして牌を捨てた人の右隣(下家)に移ります。

サブメニュー

リンク