麻雀研究 > 麻雀のルールと基本 > あがるための条件

あがるための条件

あがるためには「雀頭+4つの面子」の形をつくりますが、それだけではあがることができません。

麻雀ではあがるためには”アガリ役”が必要になります。

アガリ役がなければあがれない

アガリ役とは図柄の組み合わせの条件によって成立するアガリの形です。アガリ役は全部で36種類あり、アガリ役によって点数が決まっています。

アガリの形になっているが役がない例

三索三索 二萬三萬四萬 三筒四筒 六索七索八索 七萬八萬九萬  五筒ツモ
                        └ チー ┘  

上図はチーをしてしまっているためアガリ役が何もなくツモってもアガれない例です。チーについては後ほど解説するので、ここではアガれない場合があることだけ覚えてください。

1飜縛り(イーファンしばり)

三索三索 二萬三萬四萬 七萬八萬九萬 六索七索八索 三筒四筒 五筒ツモ

前述通り麻雀ではあがるために役が必要です。これを「1飜(イーファン)しばり」と呼びます。アガリ役がないのにアガリを宣言すると「チョンボ」と言ってペナルティを受けてしまいます。

上図の例だと「平和(ピンフ)」と「門前清自摸和(メンゼンツモ)」という2つの役でアガることができます。

サブメニュー

リンク