麻雀研究 > 麻雀のルールと基本 > 牌を1枚とって1枚捨てる

牌を1枚とって1枚捨てる

牌山から牌を1枚取ることを「ツモ」といい、いらない牌を1枚捨てることを「捨て牌」と呼びます。麻雀はツモと捨て牌を繰り返してアガリを目指します。

ツモって捨てる実践例

牌山から二萬をツモってきました。
一萬三萬八萬九萬三筒四筒九筒五索七索中南西西 二萬ツモ
アガリ役をつくる上で九筒中南が不要です。 まずは南を捨てることにします。
一萬二萬三萬八萬九萬三筒四筒九筒五索七索中西西 南捨て牌
続いて次のツモでは北をツモりましたが、不要なのでそのまま捨てます。
一萬二萬三萬八萬九萬三筒四筒九筒五索七索中西西 北ツモ・捨て牌

捨て牌は並べる

捨て牌は麻雀卓の中央部分に1列が6枚ずつになるように並べて捨てます。麻雀牌を捨てる部分を「河(ホー)」と呼びます。一般的には「カワ」と呼ばれることが多いです。

1 2 3 4 5 6
南 北 中 九筒 二索 白
一筒 九萬 五索      
7 8 9      

サブメニュー

リンク