麻雀研究 > 麻雀のルールと基本 > アタマとメンツを揃える

アタマとメンツを揃える

アガルためには「1つのアタマ+4つのメンツ」が必要になります。

2枚で1組の雀頭(アタマ)と、3枚で1組の面子(メンツ)を4つを揃え、合計14枚でアガリの形を構成します。

雀頭(ジャントウ)

アタマは正式には「雀頭(ジャントウ)」と言います。同じ牌2枚で構成しますが、使用する牌は数牌、字牌のどちらでも構いません。

二萬二萬  八筒八筒  北北  発発
数牌の雀頭の例  字牌の雀頭の例

面子(メンツ)

面子(メンツ)は3枚で1セットで構成します。面子には順子(シュンツ)と刻子(コーツ)の2種類があります。

順子(シュンツ)

同じ種類の数牌で連続した3つの数字をつくる。

○順子の例

一萬二萬三萬  四筒五筒六筒  七索八索九索
マンズの順子  ピンズの順子  ソーズの順子

×ダメな例

二萬五筒六索  八萬九萬一萬  東南西
同じ種類の数牌で
なければならない
 9から1には
 つながらない
 字牌ではダメ

刻子(コーツ)

数牌、字牌どちらでもよく、同じ図柄3枚で構成する。

○刻子の例

七萬七萬七萬  東東東  中中中
数牌の刻子  風牌の刻子  三元牌の刻子

×ダメな例

二萬五筒五索  白発中
同じ種類の数牌で
なければならない
 同じ種類の字牌で
 なければならない

塔子(ターツ)

あと1枚で順子になる2枚

三萬四萬  四筒六筒  八索九索
二萬五萬
順子になる
 五筒
 順子になる
 七索
 順子になる

対子(トイツ)

あと1枚で刻子になる2枚

一萬一萬 四筒四筒 発発

ポイント

まずは、アガルためには「1つのアタマ+4つのメンツ」が必要ということを覚えましょう。

アタマは同じ牌2枚で構成され、メンツは順子(シュンツ)と呼ばれる3つの数字の並びか、刻子(コーツ)と呼ばれる同じ牌3つで構成されています。

サブメニュー

リンク