麻雀研究 > 麻雀のルールと基本 > 13枚でアガリの形をつくる

13枚でアガリの形をつくる

麻雀では最初に13枚(親は14枚)の牌を持ってプレイします。そこからアガリの形を作っていきます。

配牌

九筒西一萬南四筒中五索八萬西三萬三筒九萬七索

ゲームを始める前に牌山から自分の持ち牌(手牌)を持ってきます。これを「配牌(ハイパイ)」と呼びます。配牌される牌の数は親は14枚、子は13枚です。

理牌(リーハイ)

一萬三萬八萬九萬三筒四筒九筒五索七索 中南西西
同じ種類の数牌を数字順に並べる 字牌をまとめる

配牌が終わった後の手牌はバラバラの状態で見づらいので、図柄や数字ごとに並び替えを行います。これを「理牌(リーハイ)」と呼びます。

並べ方のルールは特に決まっていませんが、見やすいように数牌は同じ種類の数字順に、字牌は同じ種類の字牌でまとめておくとわかりやすいです。

アガリの形にする

西西 二萬三萬四萬 七萬八萬九萬 三筒四筒五筒 六索七索八索
アタマ
(雀頭)
メンツ1 メンツ2 メンツ3 メンツ4

理牌したあとは、あがるために「1つのアタマ+4つのメンツ」の形をつくっていきます。

アガルためには「アガリ役」が必要になります。アガリ役とは決められた牌の組み合わせの形をつくるものです。

サブメニュー

リンク