麻雀研究 > 麻雀のルールと基本 > 麻雀とは?

麻雀とは?

麻雀のルールは、これから麻雀をはじめようと思っている方や、麻雀をはじめたばかりの方向けのコンテンツになります。

まずは麻雀がどんなゲームなのかを簡単に説明します。

プレー人数

麻雀は4人でプレーするゲームです。(3人でプレーする三麻と呼ばれるゲームもありますが、当サイトでは一般的な4人麻雀について解説します。)

ゲームの目的

34種類、合計136枚の牌に描かれた図柄と数字を組み合わせて「アガリ」と呼ばれる牌の組み合わせをつくります。

「アガリ」をつくると点数がもらえ、揃えるのが難しい組みわせほど点数が高くなります。4人のプレーヤーで「アガリ」をつくりあって点数を競うゲームです。

勝敗

いずれかのプレーヤーが「アガリ」を完成させるまでを「1局」とよびます。誰も「アガリ」を完成させることができなければ「流局」となり、そのゲームが終了します。1回のゲームでは1人のプレーヤーが「親」と呼ばれるゲームを開始するプレーヤーを2回やるとすべてのゲームが終了します。

ゲームが終了した時点で最も多くの点数を持っているプレーヤーの勝ちとなります。

簡潔に言うと点取りゲームです。レアな役を作ったほうが得点が多く貰え、最終的に一番点数を持っていた人が勝ちになります。

サブメニュー

リンク