麻雀研究 > 麻雀の上達法 > カンの戦略

カンの戦略

鳴きの延長として「カン」にも触れてみます。

麻雀アニメ「咲-Saki」の影響もあって、カンや嶺上開花が注目を浴びることになりましたが、カンにもメリットとデメリットがあります。

当たり前のことですが、カンをするとドラが増えます。ただし、ドラが増えるのは自分だけではありません。自分も含め全員もドラが増えることになります。

余計なカンをしたあげく、リーチしている相手に振り込んで、大きな失点につながることもあります。

カンをする際の一つの目安としてカンをした後に自分が上がれる可能性が高いのかを考えます。

自分がアガれる可能性が低いのにやみくもにカンをすると相手の点数を上げるだけで自分にとってデメリットしかありません。

カンは一見点数が上がり魅力的ですがデメリットもあるため、注意して使うことが望ましいです。

これで、初級者上達法は終わりです。長文に付き合っていただきありがとうございました。

サブメニュー

リンク