麻雀研究 > 麻雀の上達法 > ベタオリ/ゼンツ/まわし打ち

ベタオリ/ゼンツ/まわし打ち

麻雀では基本的にアガリを目指しますが相手から攻撃のサインがあった場合にどうすればいいのかを解説します。

攻撃のサイン

攻撃のサインの一つにリーチがあります。リーチをかけるということは、当たり前ですがテンパイしていることになるため、場合によっては自分が振り込んでしまう危険性があります。

次に、ポンやチーなども相手がアガリに近づいている一つの目安になります。だいたい2副露以上していればテンパイを疑い警戒したほうが良いです。

リーチをかけられた場合

相手からリーチをかけられた時の対処方法は大きく3つあります。1つずつ見てみましょう。

ベタオリ

ベタオリとは自分があがることを完全に諦めて守備に徹する方法です。もし順子や刻子などが揃っていてもそれを崩してしまいます。少し勿体無い気もしますが、失点のリスクを最小限に減らすことができます。自分があがることを完全放棄して守備にまわるのがベタオリで「引く」とも呼ばれます。

ゼンツ/ゼンツッパ

2つ目の選択肢にゼンツッパという方法があります。これは自分があがることを目指して、相手の危険牌だろうが捨てていく戦法です。とにかくアガリに向かう方法で「押す」とも呼ばれます。リスクもありますが、自分がアガれた場合は失点を防げて点数を増やすことができます。

まわし打ち/回し打ち

3つ目の選択肢として回し打ちという方法があります。これは危険な牌を回避しつつあがりを目指す方法です。いきなりベタオリせずに、ノーリスクで危険を犯さずにあがる可能性を維持できるのであればやったほうが良いです。ただし、悪く言えば中途半端になります。あがりを目指しているようであがりに遠く、降りているようで降りていない。結局ロンされてしまうと何をしているのかよくわからない状況になります。

どの選択肢を採ればよいのか

アガリに近い場合は回し打ちをしたくなりますが、初心者の場合は「ベタオリ」か「ゼンツッパ」のどちらかでいい場合が多いです。押すか引くかの選択だけでもかなり成績が改善されることが多いです。

サブメニュー

リンク