麻雀研究 > 麻雀の上達法 > リーチをしない状況

リーチをしない状況

リーチをあえてしない状況があるので解説します。

あえてリーチをしない場合

自分の点数が高い場合などはあえてリーチをかける必要がありません。リーチをすれば当然点数が上がるのですが、デメリットとしてロンできる可能性が低くなります。

まずは例を見てみましょう。

例えば、親で跳満が確定しており、あがれば18,000点の高得点で役もあるので別にリーチをしなくてもいい状況。ここでどうするか。

リーチをする選択

メリット 跳満が倍満になり点数が24,000点にアップ!
デメリット 警戒されてロンできる可能性が下がる。

リーチをしない選択(ダマを選択)

メリット 警戒されないのでロンできる可能性が高くなる。
デメリット 点数は跳満で18,000点のまま。

この場合はバランスの問題になるのですが、リーチをして点数を上げるよりも、アガれる可能性を高くしたほうが良いと考えることができます。18,000点のリードでもほぼ勝敗が決定できるような大きなリードを得ることができるため、無理に点数を高くせずになるべくアガれるようにダマを選択するのが有効な選択肢といえます。

ただし例外もあり、逆転したくて高い点数が必要な場合はもちろんリーチすべきです。また、序盤に聴牌してリャンメン待ちや3面待ちなどのいい形ならばツモも十分に期待できるのでリーチしてもよさそうです。

高い点数が必要ない場合

高い点数が必要ない場合もリーチをかける必要がありません。

例えばオーラスで自分が1位の場合などは高い点数であがる必要が無いため無理にリーチをかける必要がありません。また、点数が競っている場合はリーチをするのにかかる1,000点を供託することにより順位が逆転してしまう場合もあります。

このような場合もリーチをする必要がありません。

サブメニュー

リンク