麻雀研究 > 麻雀の上達法 > 押し引きの判断

押し引きの判断

攻めるべきなのか、守るべきなのか迷う時があるかと思いますが、大事なのはバランスです。

勝つために重要な要素

攻めるのか、退くのかの判断を「押し引き」といいます。成績に影響を与える大きな要素の一つです。無理に攻めれば相手に振り込んでしまいます。また逆に守ってばかりではアガれずに点数を得ることが出来ません。攻守のバランスが麻雀では重要になります。

75%は守り

麻雀は最後まで諦めずにアガリを目指すと思っている方も多くいますが、実はそうではないのです。4人でプレイするゲームなので流局などをなしにして考えても、単純に上がれる確率は25%ほどしかないのです。つまりアガれない75%は守らなくてはいけないゲームなのです。

アガリまで程遠い手で無理に攻めていれば、自分の守備が疎かになり相手に振り込む確率が高くなるだけです。

攻めるか退くか

他のプレイヤーからリーチがかかった場合を考えてみます。

例)二萬四萬九萬六筒七筒八筒二索四索六索七索九索南南

自分の手牌が例のような場合どうしますか?なんとなくアガリに近いようにも見えますが...

まず要点を整理すると、

  • 自分は二向聴の為、聴牌(てんぱい)まで最速で2手かかります。
  • 相手はいつアガるかわかりません。(次でアガるかもしれません)

まず自分が聴牌まで2手かかるのに対し、相手は次でアガるかもしれないのです。更に、自分がその状況で攻めるわけですから、相手のアタリ牌を捨ててしまう可能性も十分に考えられます。

確率だけ見ても相手が当たり牌を引く確率と、自分が相手の当たり牌を回避しつつアガる確率では、相手がアガる確率のほうが圧倒的に高いと考えることが出来ます。

このような状況では通常は退くほうが良いと考えられます。基本的には自分が聴牌していない場合以外は、確率的にも退く方が良い場合が多いです。

例外

オーラスやオーラス直前で自分が3位や4位でどうしても点数が必要な場合があります。そのような場合は例外的に退かずに攻めることもあります。

最後に

これで初心者上達法は終わりです。初心者上達法で解説したことを参考に、上達することを目標に麻雀を楽しんでいただけるとありがたく思います。長文に付き合っていただきありがとうございました。

サブメニュー

リンク