麻雀研究 > 麻雀の上達法 > 壁の考え方

壁の考え方

筋以外にも相手が両面待ちであるかもしれないという前提があると色々と見えてくるものがあります。

壁とは

筋(スジ)の考え方のように、相手が両面待ちであるかもしれないという前提があると、さらに色々と見えてくるものがあります。今回はそのなかの一つ「」と呼ばれるものを解説します。

壁とは同じ数字の牌が4枚見えている状態で有効になる考え方です。

二筒が2枚自分の手の中にある。

二筒が2枚すでに捨てられている。

この状態の時に、二筒の位置が全て確認できたと思います。他にも自分で4枚持っている場合や、誰かがチーやカンをした場合や、ドラ表示牌に使われているなどして場所が確認できることがあります。

では簡単な例を見てみましょう。

例)牌牌 牌牌牌 牌牌牌 牌牌牌 二筒三筒

すでに二筒が4枚見えている場合、例のような両面待ちは存在しない事になります。そのため、相手が両面待ちであるという前提で考えると一筒が安全である可能性が高いと言えます。

壁の活用方法

続いて別の例を見てみましょう。

五萬が4枚確認できたとします。

例A)牌牌 牌牌牌 牌牌牌 牌牌牌 四萬五萬

例B)牌牌 牌牌牌 牌牌牌 牌牌牌 五萬六萬

この状態の時には例A、例Bは存在しない両面待ちになるので、三萬七萬が安全である可能性が高いといえます。このように壁の考え方は他の牌でも活用することが出来ます。

気をつけること

あくまで壁は相手がリャンメン待ちあるという前提の考え方なので、相手がカンチャン待ちや、単騎待ちをしていた場合はロンされるので100%安全とは言い切れません。あくまで捨てる牌に困ったときの判断材料の一つとして考えてください。

サブメニュー

リンク