麻雀研究 > 麻雀の上達法 > 筋の考え方

筋の考え方

ここで少し防御についても触れてみます。リャンメン待ちを応用すると守りにも使えるのです。

筋とは?

前項までで両面待ちが有利であると解説してきましたが、両面待ちが有利なのは自分だけではないのです。

両面待ちが有利なのは全員が同じです。これを守備で応用するのが「筋(スジ)」の考え方です。相手からリーチが入り捨てる牌に困った... という場合に有効な考え方になります。

例えば、相手が捨てた牌が次のようにリーチが入ったとします。

発東五萬西九索

この時点では情報が少ないので、何を捨てていいのか迷うと思います。ただ、麻雀には「自分が捨てた牌では絶対にロンできない」という大原則があるので、現物である五萬東を捨てるのも、もちろんありです。

ここで重要になるのが「フリテン」の考え方。あたり牌が2種類以上ある場合には、その中の1つでも捨ててしまっていたら、他のあたり牌でもロンできないという制約。

もし、フリテンがよくわからないという場合は麻雀の基本/フリテンで解説しているのでそちらもあわせてご覧ください。

ここで情報を整理してみます。

  • 相手は五萬を捨てている
  • 相手は効率のよい「両面待ち」をやっている可能性が高い
  • あたり牌が2種類以上ある場合には、その中の1つでも捨ててしまっていたら、他のあたり牌でもロンできない

これらの情報から相手の手は、

牌牌 牌牌牌 牌牌牌 牌牌牌 三萬四萬

牌牌 牌牌牌 牌牌牌 牌牌牌 六萬七萬

五萬を捨てている以上は、この上の2つである可能性はないことになります。
五萬を捨てた状態で上図のような待ちで二萬八萬でロンアガリした場合はフリテンになります)

そのため二萬八萬も安全である可能性が高いという考え方が「筋(スジ)」の考え方。

6本の筋

一萬 ━ 四萬(イースー) 四萬 ━ 七萬(スーチー)
二筒 ━ 五筒(リャンウー) 五筒 ━ 八筒(ウーパー)
三索 ━ 六索(サブロー) 六索 ━ 九索(ローキュウ)

この6つのラインのことを「筋(スジ)」と呼びます。

例題では五萬が通ったので、スジの考え方から二萬八萬が安全かもと考えることができる。

また、例題では九索も捨てられているので、六索も安全に見えますが、その場合は相手が三索-六索の両面待ちかもしれないので、安全であるとは言いにくいです。

こういうのは片方のスジだけ安全だとわかっているので「片スジ」と呼びます。

いきなりなんの情報もない牌を捨てるよりは安全ですが、ロンと言われる可能性もあるので、よっぽどの理由がなければ、いきなり無筋や片筋の牌を捨てるのは考えたほうがいいかもしれません。

気をつけること

注意すべきなのが筋は相手が両面待ちであるという予測の前提があるので、相手が両面待ちではない場合には筋の考え方が通用しないのでロンされる可能性は十分にあるということです。

筋は絶対に安全なわけではなく、他の何も情報がない牌よりは安全かもしれない程度のものであるということ。

また、相手が特殊な役を狙っているのが明らかな場合は、筋の効果も薄くなるので注意が必要です。

例えば、染め手と呼ばれる「ホンイツ」や「チンイツ」などで、相手が両面待ちをしている可能性はあるが、ホンイツ・チンイツはカンチャン、ペンチャン、タンキ、シャボ待ちなどが組み合わさった「両面待ち以外」の可能性も非常に高く、相手が集めている種類の牌は全部危ないので、筋だけに頼るのは危険です。

特殊な役を抜きにしても、特に数字の「4」「5」「6」はロンされる可能性が高い危険な数字です。相手のリーチに筋でもなんでもないのに、いきなり「4」「5」「6」を捨てるのは極力控えたほうがいいです。実戦で捨てる牌に困った場合に筋は役に立ちます。

サブメニュー

リンク