麻雀研究 > 麻雀の上達法 > 麻雀とは?

基本の待ち方

待ち方次第で上がれる確率が大きく変わります。基本的な待ち方であるリャンメン待ちを解説します。

基本はリャンメン待ち

麻雀の基本はリャンメン(両面)待ちとよくいいます。なぜならば両側を待つことができるので、アガリやすくなります。

考え方について詳しく見ていきますが、そのまえに両面待ちをおさらいしてみましょう。

リャンメン待ちとは

二筒三筒と牌を持っていて一筒四筒の両側を待つことをいいます。

牌効率

それではリャンメン待ちがなぜアガリやすいのかを牌効率の観点から解説します。
まずは下図の例をみてください。

例A)白白白 発発発 中中中 三索三索 六索六索(シャボ待ち)

例B)白白白 発発発 中中中 北北 四索五索(両面待ち)

例Aと例Bは両方とも三索六索待ちで大三元をテンパイしているのですが、どちらがアガりやすいでしょうか?

両方とも待っている牌は同じだからアガりやすさも同じように見えます。

しかし例Bの方が例Aよりもアガりやすいです。

なぜ例Bの方がアガりやすいのかを見て行きましょう。

まず例Aでは当たり牌(アガることのできる牌)を各2枚ずつ使ってしまっているため、
アガることのできる牌は三索×2と六索×2の「4枚」になります。

それに対して例Bでは自分で当たり牌を使用していない為、アガることのできる牌は三索×4と六索×4の「8枚」になります。

このように同じ牌を待つにしても待ち方次第で当たり牌の数が異なります。

このことから、アガりやすさが違うと言うことができます。

サブメニュー

リンク